新潟クポタグループ
 
 

×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  2020~»  中央アジア料理「プロフ」

中央アジア料理「プロフ」

中央アジア料理「プロフ」

みなさん、お久しぶりです!

お元気でお過ごしでしょうか。新潟は大雨が降ったり、気温が高くなったりと最近は気候が不安定な状況にあります。夏は対策をしっかりして熱中症にならないようにお気を付けください~

本日は、久しぶりのブログということで、みなさんにお家で作って食べられる簡単なレシピをシェアしたいなと思いまして、母国カザフスタンを含む中央アジアの家庭料理「プロフ」のレシピを紹介します。日本でよく食べる炊き込みご飯と似たような料理です。私は、母国が恋しくなった時や友達にごちそうする時に良く作っています。

先週、会社の台所でプロフを作ってみて、みなさんに食べてもらいました。いつも使っている鍋と違うものだったこともあって、お水も量が多く、出来上がりはいつもと微妙に違いましたが、みなさんに美味しいと言ってもらえたので安心しました。

今回は弊社が販売している、大粒で美味しい品種『新之助』を使ってプロフを作ってみました。『新之助』は大粒でしっかりしているところが特徴なので、プロフには最適なお米でした!


 
材料:
お米 350g
鶏もも肉 400g
人参(大) 1本
玉ねぎ 1個
塩 お好みで
クミンシード お好みで
サラダ油 大さじ1
 

  1. お米を洗い、お湯に浸しておく (お水でも大丈夫ですが、お湯の方がもちもち感が増します)
  2. 人参を5㎜幅の薄切りにする
  3. 肉を一口サイズに切る
  4. 玉ねぎを薄くスライスする
  5. 深めのフライパン(中華鍋、厚い鍋でもOK)にサラダ油を入れ、温まったら、玉ねぎを入れて、飴色になるまで炒める
  6. もも肉を入れて塩をお好みで加える。中火で混ぜながら炒める
  7. 人参とクミンシードを加え、蓋を閉め、5分炒める
  8. お米のお湯を捨て、鍋に入れる。お水をコップ2杯と塩をお好みで加える。(水はお米がかぶるくらい入れる。足りない場合は足す。)
  9. 蓋を閉め中火で15分ほど煮る。
  10. 15分経ったら、蓋を開け、混ぜないで米に火が通りやすいように数か所に穴を空ける。
  11. 蓋を閉めて5~10分ほど弱火で煮る。
  12. 火を止めたら15~20分ほど蓋をしたまま蒸らす。これで出来上がり~♪
     
 

☝水を入れすぎてしまったため、リゾットに近い触感のプロフができました(笑) 

プロフは、地域と家庭によって作り方が違ったりします。油を多く入れたり、少なくしたり、羊肉や牛肉と馬肉を使ったり、レーズンや豆を入れて炊いたりと人の好みで色々と変わってきます。私の家族は、いつもこのレシピで作っています。簡単なレシピですので、皆さんもぜひお家で作って食べてみてください~

担当:サヤ

2020-07-21 15:13:20

2020~   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

CONTENTS

CATEGORY